カバー曲の販売について

未分類

以前クリエイターの方から
「カバー曲の販売を行う際には
どのような手続きを行えば良いのか?」

といった質問を頂きました。

また、千代之音では販売してほしい曲を募集しているのですが、
(こちらのURLからアンケートフォームに飛べます
https://forms.gle/G158xJcniVBM5hRv9
カバー曲を販売してほしいとの回答が多数ありました。

具体的には
「紅蓮華」「猫」「夜に駆ける」
「Paradise has no border」「女々しくて」
…など

主に学生の方を中心にカバー曲を希望されている方が多い印象でした。

そこで今回は「千代之音でカバー曲を販売する手順」について説明させて頂きたいと思います。

まず前提としてですが千代之音でカバー曲を販売することは可能です。

カバー曲を販売するためには、

①JASRACに許諾手続きを行うこと

②元の作品の権利者に許可を取ること

の二つの手続きが必要になります。


①に関してですが、カバー曲を販売するためには
まずJASRACに販売するための手続きを行わないといけません。

千代之音は既にJASRACに販売許可をとっております。

さらに販売された際のJASRACに払う手数料はこちらで負担させていただきます。
(正確には販売手数料の40%から支払います)

②に関してですが、こちらは千代之音の管轄外になっております。
各自で楽曲の音楽出版社に許可をとっていただく必要があります。
そこで発生する内容に関してはこちらで認知することができませんのでご了承ください。

音楽管理者につきましてはJ-WIDでお調べすることができます。
http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/ 

<まとめ>
カバー曲を出すためには音楽管理者を調べ、
許可を頂いた後に、千代之音で販売



自​分の好きな曲をジャンルにとらわれず和楽器で演奏してみたいと思う方も多いと思います。
こんな曲のカバーがほしいという方々は
こちらのURL(https://forms.gle/G158xJcniVBM5hRv9)から
回答していただければこちらからクリエイターの方々にご連絡させていただきます。

クリエイターの皆様はカバー曲の販売もよろしければ検討してみてください!

※何かご不明点がありましたらtiyonone@gmail.comまでご連絡ください。 

_____________________

Twitterで随時最新情報を更新しております。
フォローお願いいたします!https://twitter.com/tiyonone

 

カレンダー

2021/1
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近のエントリー

タグ

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です